研究開発について

次世代のニーズを見据えて、	環境にやさしい素材・技術開発を推進していきます。

1970年にニッコールグループの開発センターとして設立して以来、
弊社は原料メーカーとして数多くの実績を積み重ねてまいりました。
コロイド化学と皮膚科学をベースとした研究開発において、
化粧品メーカーの皆様を中心に厚い信頼をいただいております。

私たちの強みは、「素材」「製剤」「評価」といった製品開発工程に
ワンストップで対応できること。
最新の市場ニーズ、ユーザーニーズを把握しながら、
常に付加価値の高い素材・技術を開発していくことこそ、
私たちの使命だと考えております。

次世代のニーズを見据えて、	環境にやさしい素材・技術開発を推進していきます。

現在、化粧品の開発現場では、従来の石油由来成分から植物由来成分へ
の転換が求められるようになりました。
また、植物由来成分にシフトすることで付加価値を創出できる分野は、
化粧品以外にも数多く存在します。

そうした中で、私たちが特に注目しているのが「バイオケミカル」の
分野です。微細藻類技術、酵素を用いた新素材の開発など、
私たちは次世代のニーズを見据えて「環境に配慮した素材・技術の開発」
を推進していきたいと考えております。

弊社の素材・技術に興味のあるお客様は、
どうぞお気軽にお問い合わせください。

素材

dummy
  • 界面活性剤、活性成分(ビタミン誘導体など)、
    油性成分の素材開発
  • 試作サンプル提供

製剤

製剤イメージ
  • 化粧品・医薬部外品・医薬品・食品に利用される
    機能性配合原料の開発
    (乳化性能、増粘性、安定性、使用感など)
  • 化粧品・医薬部外品・医薬品などの製剤処方
    設計・開発
  • 化粧品・医薬部外品製剤のOEM生産
    コーディネート

評価

dummy
  • In vitro 有用性評価
  • In vitro 安全性評価
  • ヒト有用性評価

コスモステクニカルセンターの素材・技術はこのような商品づくりに生かされています!

弊社が開発した素材・技術は、様々な産業分野で活躍しています。

化粧品

ヒトの皮膚と類似した構造である「ラメラ液晶構造」を形成する複合乳化剤、疎水化処理した水溶性高分子と低分子の両親媒性物質との相互作用を利用した複合乳化剤、感触の軽い植物由来のエステル、ビタミン誘導体をはじめとした活性成分など、弊社の素材・技術は化粧品分野で広く活用されています。

(例)クリーム/乳液/化粧水/美白クリーム/美白オイル など

食品向けの素材

食品

弊社の香料を水に可溶化させる技術(または 乳化技術)は、食品分野にも 応用されています。

(例)ドリンク/ 添加物など

医薬品

医薬品

医薬品分野では、難溶性の
薬効成分を乳化させ、結晶化
させにくくする技術が生かされています。

(例)軟膏/ クリーム/ ゲルなど

洗浄向けの素材

洗浄

汚れを落とすのみならず、
人体への安心・安全性、
地球環境を配慮した
弊社の技術が活用されています。

(例)食器用洗剤/シャンプー など

繊維向けの素材

繊維

柔らかく、より着心地の良い肌触りなどの使用感や、帯電防止や
撥水性などの機能性を高め、
商品価値を付加させるには、
界面活性剤が活躍しています。

化粧品のOEM 生産コーディネートについて

化粧品のOEM 生産コーディネートについて

コスモステクニカルセンターでは、化粧品原料メーカーとして積み重ねてきた実績とネットワークを活かして、化粧品のOEM生産をコーディネートすることが可能です。また、化粧品開発に欠かせない処方開発、安全性・有用性の評価に関してもすべてお任せいただけます。 化粧品の開発をお考えのお客様は、全工程をサポートできる私たちにぜひご相談ください。

生産コーディネートや研究開発に関する詳しい情報はこちら

ENGLISH SITE

採用情報

弊社が開発した素材・技術は幅広い分野で利用されています。 私たちと一緒に、豊かな暮らしを支える素材・技術を開発していきませんか?

  • 募集職種

    弊社の主な職種をご紹介します。

  • 新卒採用情報

    新卒の採用に関する情報はこちら

  • キャリア採用情報

    経験者の採用に関する情報はこちら

グループ会社サイト

ニッコールグループでは素材・処方開発から製品化まで化粧品ビジネスをトータルにサポートしています。

  • 日光ケミカルズ株式会社
  • 日本サーファクタント工業株式会社
  • 株式会社二コダームリサーチ

技術・ビジネス支援サイト

chemical-navi
ページTOPへ